VBとは?


【VBはこんなチームです】
私たちVBは「日本でサンバをもっとメジャーに」をテーマに活動を続ける、
アルチブラジレイラのだいちゃん・ヴァレリアが中心となり、2000年から活動をしているチームです。
毎年8月の浅草サンバカーニバルの出場を中心に、お祭りやイベント等にも出演しています。

VBのメンバーってどんな人か気になりますよね?
ひとことでいうと、「練習することが好き、真面目に遊 ぶことが大好き!」という人が集まっています。
それって真面目人間の集まり?……イエイエ、それだけではないのは1度体験してみるとわかるはず!
個性的で楽しくて、飲み会大好きな優しい面々が粒ぞろい。
そして何よりみんなとっても仲が良いのが、VBの一番のポイントです。

メンバー数は決して多くはありませんが結束力は抜群。
「どうせ遊ぶなら本気で遊びたい」「正しいサンバのグルーヴを身につけたい」「サンバチームの中で力を発揮してみたい」という人には、本当に居心地の良いチームであること請け合いです。

【アルチブラジレイラとは】
ヂレトール・ダ・バテリア(楽器隊指揮者)として浅草のTOPチームを5年連続で優勝に導き、日本全国でサンバを教えるだいちゃんと、日本で唯一のサンバダンス教則本『サンバダンスでフェロモンボディになる』(リットーミュージック刊)を監修、S1チームのハイーニャ(トップダンサー)を何人も育てたヴァレリア。この二人が所属するのが「アルチブラジレイラ」です。日本とはまったく反対のグルーヴを持つブラジルの音を、日本語で、どうすれば日本人に伝わるように教えられるかという課題に長年取り組んできました。
VB内ではサンバに関わってきた先輩としてチーム育成に寄与。合宿などでは特別WSを開催、VBメンバーのみ受けることができます。

【VBが追求していること】
VBが1年を通じてこだわっていることが2つあります。
●グルーヴの追求
G.R.E.S.ではなくG.R.C.E.S.としてチーム名にも「Culture」を折り込んでいるように、VBは見る人に、正しいブラジルの文化を伝えたいと願っています。ブラジルの楽器を持っているから、タンガを着ているからサンバではなく、ゆらぎの感じられる気持ちのいいブラジルのグルーヴを音の中にもダンスの中でも一番大事にし、できる限りそれに近づけるようがんばっています。このグルーヴを身につけられれば、楽器を叩いてもダンスをしても、自分自身が一番楽しめるようになるのですよ!
●クオリティの高い制作物(アレゴリア/衣装)
クオリティが非常に高いと定評のあるVBのアレゴリア(山車)。よく「外注に出しているの?」と聞かれますが、アレゴリア監督のもと3か月かけてみんなで作っています。作るのは大変だけど、大きな工作に取り組むさまは文化祭前夜を思い出す楽しさ! 作業のあとのビールは格別です。またパシスタ(羽+ビキニダンサー)ひとりに至るまで、毎年テーマに合わせてチーム全員で新調する衣装も必見。まさに「動くオペラ」を体現するエスコーラのひとつといえます。


Copyright(c) 2011 G.R.C.E.S Vermelho e Branco All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme